湯たんぽ代わり

 

 

街中の気温でさえマイナス、田舎暮らしの自宅へと帰途に着く道のりで、徐々に

インストルメントパネルに表示される外気温が下がって行きます。

 

オートバイに乗っていればよく分かるのですが、明らかに地形で気温が変化する

ポイントが何か所かあり、そこを通過すれば毎度、必ず外気温計が動くのです。

 

少し遅くなった今夜は、移動する交通量もすでに少なく、みな家路を急いだのか

幹線道路沿いの外食店の駐車場も空いているところが多く、積雪の予報があれば

致し方ないところでしょうか・・・

 

外食うどん店で、しょうがたっぷりに内部から、からだを温めて帰宅。

 

シンシンと冷え込む自宅の真っ暗な居間、きっと、朝の出掛ける前に潜り込んだ

簡易ソファに掛けた布の下で、一日中寝て過ごしていただろう飼い猫の " ゆず "

が、トン! と床に降りたちトタトタトタと、裏口のカギを開けるワタクシたちを

二重にしている扉の内ドアのところまで迎えに来ます。

 

キホン、ねこ自身のペースで過ごしているとはいえ寂しかったのでしょう、いや

ゴハン皿が空きかけているからか、帰宅時の甘え方がハンパなく、全力で彼女の

股の間に入って倒れ込みます。 引っ張り出しても、何度も、何度も。( 笑 )

 

「 ちょっとコッチにも来んかいな 」と無理やりに、湯たんぽ代わりに足の間へ

押し込んでみれば、全力でイヤがってジタバタ、逃げて行きましたけれど・・・

 

yuzu166.jpg

 

そんな深夜も気づくと肩口から掛布団の下へ潜り込み、ワタクシの横でスヤスヤ

と、捕まるのはイヤですが、自分から寄って行くのはOKな安眠中の " ゆず " 。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3363

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu166.jpg
  • cat-iiduka01.jpg
  • yuzu165.jpg
  • yuzu164.jpg
  • yuzu163.jpg
  • yuzu162.jpg
  • 20171214.jpg
  • 20120615ushioonsen01.jpg
  • 20120615yakisaba01.jpg
  • yuzu161.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja