洗濯機修理リターンズ@数度目

 

 

夜中に階下で回る洗濯機から、カラコン、カラコンと響く音、あぁ、ポケットに

何か入れたまま洗ってしまったかな・・・

 

布団の中で聞くその音が激しいものではなかったので放置し、翌朝になってから

確認すれば、直径11cmほどの丸くて中心が膨らんだ、どら焼き形状の白い樹脂

製品がゴロンと洗濯槽の中に。

 

こんなモノ、ポケットに入らんわ、と斜めドラムの中に顔を突っ込み確認すれば

洗濯槽中心部の極太取り付けボルト6本をカバーして、どうやら六角のアタマで

洗濯物を傷つけないようにする保護カバーのようです。

 

中心のボルト1本で留まっているソレの根元が、水と高温に晒された経年劣化で

破壊して取れ、洗濯物と一緒に、カラコン、カラコン。

 

調べれば、同じ部品が取れてしまった主婦がネットの知恵袋で尋ね、修理見積り

2~3万円にウチと同型洗濯機の買い替えを決断したようで・・・

 

洗濯槽側に残った樹脂部を外してみようとしましたが、ステンレス槽と同化して

それだけの取り外しが無理なのと、もしかするとパッキンの役目もしてるかな。

 

加水分解が進んだモロモロで、もうこれ以上は触れません。

 

その見た目、1,000円程度の部品の入手も不可能で、水と乾燥時の熱に晒されて

耐えられるかどうか分かりませんが、出たとこ勝負の一発修理を施してみます。

 

破壊した中心部は二液混合難物接着剤で固め、カバーするボルト6本のアタマに

コーキングを乗せて樹脂部品と隙間なく固定してしまいます。

 

接着剤乾燥後に「 衣類は避けて、バスタオルなどで実験してもらえれば・・・ 」

 

おっ! 調子いいやん。 いつまで耐えられるか分かりませんが、もし外れれば

もう一度だけ、ボイラー配管などで使う、耐熱用シーリング剤を使用した実験を

させてもらい、それでダメならば洗濯機の買い替えでしょうか・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3312

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu161.jpg
  • 2017habotan.jpg
  • day-cafe03.jpg
  • yuzu160.jpg
  • day-cafe02.jpg
  • day-cafe01.jpg
  • yuzu159.jpg
  • 20171023-niji.jpg
  • lab-door01.jpg
  • yuzu158.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja