ねこのおしくらまんじゅう

 

 

向かうから " グイッグイッ!" と背中を押し付けてくるので、ワタクシも布団の

外に追い出される訳には行きませんから " グイッグイッ!" と押し返します。

 

背中に体温の高いテンションを感じながら、お互いにバランスが取れたあたりの

場所でスヤスヤスヤ・・・ とは行かず、元々からですが、浅い眠り。

 

そう、飼い猫の " ゆず " が、ワタクシの掛布団の下、毛布の上に潜り込んで来る

ようになり、毛布を隔てて背中同士の " おしくらまんじゅう " が始まりました。

 

昨冬まではワタクシが寝入ってから布団に入ってきていたので、夜中に気づけば

背中越しに「 ゆずがいる 」という状態でしたが、今年の冬は早い時期から寒い

せいか、一緒に寝室への階段を上がると、ワタクシより先に布団に入る始末。

 

ただ、潜り込む際に、掛布団を前足でバリバリと掘ってから、その下に入り込む

のはヤメて欲しいところで、いつか穴が開いて羽毛が飛び出すってば!

 

で、先々週の体重7.0kgとはいえ、ワタクシよりは小さいのですから、ベッドの

空いているスペースを使えばいいと思うのですが、" ゆず " にも思うところあり

真ん中で寝ようとするから、おしくらまんじゅう。

 

yuzu161.jpg

 

「 キホン、ほっといてもらえればすきにしますから 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3305

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu161.jpg
  • 2017habotan.jpg
  • day-cafe03.jpg
  • yuzu160.jpg
  • day-cafe02.jpg
  • day-cafe01.jpg
  • yuzu159.jpg
  • 20171023-niji.jpg
  • lab-door01.jpg
  • yuzu158.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja