やり直し作業の手間と時間

 

 

戸当たりは3mmほど逃げてゴムを貼り、窓枠と戸当たりの密着を高め、気密を

高める、及び、強風日の窓枠のビビリ音を無くす作戦だったのですが、吊元側に

貼ったゴムが微妙に、窓の開閉に影響することが判明したので、そこだけゴムの

厚みを薄くすることにします。

 

分かってみれば当たり前なのですが、他の部分では、窓枠がほぼ正面からゴムに

接するのに対し、吊元では蝶番の反対側の窓枠の角が擦るようにゴムの上を移動

するので、抵抗が発生してスムーズさに欠けるのです。

 

とくに H2200、W900+W300 の親子ドアは人力ではなく、ドアクローザーで

引っ張るので、戸当たりゴムの微妙な厚みの影響が出ます。

 

という訳で、横方向のゴムはそのままに、吊元の縦方向のゴムを剥がします。

 

しかし、残ったボンド跡の撤去が手間で、指で強く擦れば取れるのですが指紋が

無くなること確実、アルコールスプレーは効果ありますが絶大ではないし・・・

 

ちょっと行きつけのバイク屋さんでガソリンを分けてもらい、それで拭けば効果

絶大ですが、それでも手間も時間もかかって、嫌いではありませんがガソリン臭

が鼻に残って離れないわ、指の皮膚ボロボロだわ。

 

ガソリンで擦りまくっても、オスモカラーがビクともしないのは大したもんです。

 

ボンド跡をキレイに撤去し薄いゴムに変更したら、ワタクシが精度高く製作した

( 笑 )親子ドアと、窓3か所6枚のスムーズなこと! m(__)m

 

集落の神社前の小川で拾った、流木で作ったドアの取っ手を、けやき色のオイル

ステインで染めてニスを塗れば・・・ 「 おっ、高級そうやん 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3286

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu159.jpg
  • 20171023-niji.jpg
  • lab-door01.jpg
  • yuzu158.jpg
  • 2017_akebi02.jpg
  • 2017_akebi01.jpg
  • mini.jpg
  • frog02.jpg
  • yuzu157.jpg
  • cap01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja