タラの木、栗の木、大胆剪定

 

 

ちょっと油断しているうちに、タラの木は見上げる高さに成長しているわ、元々

庭先にあった栗の木は、もうこれは大木と呼ぶサイズにそびえているわ・・・

 

すでにそうですが、このままでは何かとメンドーなことになるので剪定します。

 

二本のタラの木は根元での直径が10cmを超えるサイズですが、ポキポキ簡単に

折れますから、十分注意してハシゴを持たれ掛けさせ、左手で枝を掴んでおいて

右手でノコを挽き、葉が茂る2mほどの枝を下に落とさず、掴んで回収します。

 

そう、今回の剪定で枯らしてしまう可能性もあるので、すぐ近くに草刈りの際に

残しておいた新芽が数本あるので、その上に落としてしまわないように。

 

葉は大きく相当なボリュームですが、木が軽いので何とか掴むことが出来ます。

また残した幹の切り口には、たっぷりと木工ボンドを塗って防水しておきます。

 

日が変わって栗の木、この木も折れやすいのですが、上の方まで木登りが出来る

サイズですから、枝にロープを掛け、もう一端は軽トラに掛けておき、木の上で

ノコを挽くこの際には、枝が跳ねる方向を見極め、身を守る必要があります。

 

ドサッ、ドサッと相当なボリュームでたっぷり剪定すれば、庭は明るくなったの

ですが、枝葉であふれ返るようになったので今回はここまで。

 

一旦、玉切りして薪置き場に並べ、片付けてやらねばなりません。

 

土曜の仕事を昼過ぎで終え、夕方に帰ってきてからの作業ですが、う~ん・・・

田舎暮らしはいくら時間があっても足りないゾォ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3117

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu151.jpg
  • yuzu150.jpg
  • 20170430.jpg
  • 2017warabi01.jpg
  • 2017taranome01.jpg
  • toolbox.jpg
  • 2017sakura02.jpg
  • 2017sakura01.jpg
  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja