古ガソリンを燃やす

 

 

前回、エンジンを回したのはいつのことだろう・・・

 

発電機の樹脂ガソリンタンクのキャップを開けると、活きたソレ特有のワクワク

する臭いではなく、ちょっと饐えたような、よろしくない臭いが漂います。

 

う~ん、コレは・・・ 少なくとも4stエンジンの発電機を回すことはあきらめ、

手動ポンプ( ストーブ用のピコピコポンプ )で油分を切ったオイルジョッキに

抜き出します。

 

確かに、サーキットで嗅ぐガソリン特有のワクワク感はしませんが、汚れは無く

色はなんとか大丈夫そう、処分にも困るので、念のためのコーヒーフィルターで

濾過しながら、刈払機燃料用のミクスチャータンクに移動。

 

その途中途中、メスシリンダーカップで計った2stオイル125ccを適時注ぎ足し、

そのまま混合ガソリンを作って行きます。

 

こうして、朝一番からの草刈り4時間で、無くなっていた燃料を5リッター作り

午後からのソレに備えるのですが、エンジンを掛けて思うのは・・・

 

ワクワクしない。

 

エンジンは調子よく回って、よかった、よかったなのですが、あの饐えた臭いが

そのまま排気ガスとなって漂い、" サーキット気分の草刈り " とはなりません。

 

ツケがまわってきた丸一日の草刈り・・・ ヘロヘロになり、せめてガソリンと

2stオイルくらいはイイモノを使って、ワクワクしたいものです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3104

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu150.jpg
  • 20170430.jpg
  • 2017warabi01.jpg
  • 2017taranome01.jpg
  • toolbox.jpg
  • 2017sakura02.jpg
  • 2017sakura01.jpg
  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja