小さな峠の販売所

 

 

雪融け早春の陽射しに目覚めていた山野草、恵みの山菜たちが、サクラの季節を

過ぎる頃にムクムク起きだし、初夏を感じる眩しさの中で芽を出してきました。

 

集落のあぜにワラビが、ウチの庭にタラ( 育ち過ぎ! )の芽が・・・

 

街中のアパート暮らしの際は、山菜シーズンに一度二度、明け方の仕事終了後に

徹夜の移動で、県北部のあふれるほどの自生地を訪れ、山菜を摘んだ後の温泉と

初夏の風抜ける休憩室での、倒れるような昼寝を楽しみました。

 

それはそれで年中行事としての喜びですが、刈草いぶす匂い漂う夕暮れを迎える

田舎暮らしの、徒歩でめぐる範囲のひと握りの山菜摘みは、これまたシアワセ。

 

タラの芽は寝室にしている小屋裏部屋の窓から、手を伸ばせば摘めそうなくらい

ですし・・・( 育ち過ぎて、タラの木の思い切った剪定が必要です )

 

2017taranome01.jpg

 

そんなこんな、集落の恵みを朝露の中で摘み取り、集落に入るための小さな峠の

無人販売所に毎日、少しずつですが並べ置いていただいているので、より気軽に

タラの芽の天ぷらが楽しめるようになっています。

 

2017warabi01.jpg

 

ワラビもたっぷり ♪

 

摘むのも楽しいところですが、お時間少ないあなたは、小さな峠の無人販売所を

訪ねてみてください。 摘みたてです ♪♪

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3089

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2017warabi01.jpg
  • 2017taranome01.jpg
  • toolbox.jpg
  • 2017sakura02.jpg
  • 2017sakura01.jpg
  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg
  • yuzu148.jpg
  • shoesbox002.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja