入院、お見舞い申し上げます。

 

 

地域アチコチの病院を訪れる機会は多く、その中には正面玄関横にヘリポートを

備えた救命救急センターがある病院もあり、稼働率は知りませんが、結構頻繁に

発着と遭遇しますから、一日の間でも相当回数の救急搬送があるのでしょう。

 

すでに外来診察時間も終了した夕暮れ時、ワタクシはその病院の中に居て、〇階

からエレベーターに乗ろうと、階下へ向かうボタンを押して待っています。

 

「 ポン ♪ 」と、小さな到着音が静まり返った病院に響き、ストレッチャーごと

乗ることが出来る大型エレベーターのドアがゆっくりと開き、先客に軽く会釈を

しながら乗り込むと・・・

 

「 アレ!? 」「 おぉ! 」

 

かなり希少な偶然、オートバイにも乗られるアウトドア生活超達人、知り合いの

女性じゃないですか!

 

ただ・・・ ワタクシは仕事ですが、彼女の場合、ご身内が交通事故に遭われた

その面会の帰りだそうで、気軽に話をしている場合じゃないようにも思いますが

まぁ、彼女の性格に助けられつつ、明るく近況報告など。

 

「 ところで、どなたが?」

 

「 父がオートバイで転倒して腕がもげそうになり、ドクターヘリで・・・ 」

 

マジ、めちゃオオゴトですやん!

 

生命の危機は脱しておられるようなので、書いちゃいますが、たしかオトーさん

〇十年も昔々、彼女が初めてのピカピカ新車のオートバイを買った際に「 どれ、

貸してみなさい 」と乗って出て、ひっくり返し、彼女に平謝りした記憶が・・・

 

ご身内の心労、ご苦労を察しつつ、なんちゅー若いオトーさんですのん。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3088

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 2017warabi01.jpg
  • 2017taranome01.jpg
  • toolbox.jpg
  • 2017sakura02.jpg
  • 2017sakura01.jpg
  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg
  • yuzu148.jpg
  • shoesbox002.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja