工具袋と工具箱

 

 

その道具がしっかりと使えるようになれば、その良し悪しが分かるようになって

例えば、オマケの工具のスパナでは「 コレで力をかけることは出来ないな 」と

ナメたボルトのアタマが想像できるようになります。


どころか「 このボルトはしっかり締まっているからメガネレンチが必要だ 」と

使われている場所を見るだけで締め付けトルクもおよそ分かり、それをモンキー

レンチで回そうとはしません。


適切な工具で、正しい作業をした際の美しさは当たり前でなかなか見えませんが

粗悪工具で無理やりした作業は一目で分かります。


という訳で、そうした必要とする時にボチボチ買い揃えていった " 正しい工具 "

が収まっている工具箱&携帯用の工具袋、これは結構 " タカラモノ " 。


とくに " 携帯用 " はソレだけで、オフロードバイクのエンジン以外のすべてを、

" バラして組み立てられる " を目標に、大きさや重さににこだわって揃えたので

結果、そこそこのボリュームはあるのですが、ザックに入れておけば、安心して

山深い道なき道をソロで入って行くことが出来ます。


もちろん、いつでも持ち出せるようにしてあります。


かたや、クルマに対応したモノや、セットモノは、なんとか持ち運べるサイズの

工具箱に収めているのですが、これが・・・

 

toolbox.jpg

 

「 重い! 」

 

短い距離ならどうにか持ち運ぶことが出来る、ギリギリの重さです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3082

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • toolbox.jpg
  • 2017sakura02.jpg
  • 2017sakura01.jpg
  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg
  • yuzu148.jpg
  • shoesbox002.jpg
  • shoesbox001.jpg
  • yuzu147.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja