嗚咽響く丑三つ時

 

 

漆黒の闇に満開のサクラ妖しく、はらり、ひらりと花びら舞い落とす、時は深夜

丑三つ時、生暖かい空気に包まれた暗がりの中から聞こえる、嗚咽の繰り返しに

覚醒し、手を伸ばし取ったスマホで正確な時間を確認すると午前2時53分。

 

画面の乏しい光量に照らし出されるのは、行燈( あんどん )の中に顔を差入れ

長い舌で油を舐めている、髪の毛の長い女ではなく、ウチの飼い猫 " ゆず " が、

暗がりの中で嗚咽を繰り返しながらゲロっています。

 

いつも通りの、ウゲ、ウゲ、ウゲ3回がワンセット。

 

もうしばしの睡眠を続けたいワタクシは「 お願い、階段の上から階下に向かって

撒き散らかすのはやめて 」と祈り、起床後の掃除のことを考えながら再眠。

 

春も半ば、すでに一緒に寝てくれなくなっている " ゆず " が、めずらしく昨夜は

布団の上からワタクシの両足の間にグイグイ割って入り、からだを沈め寝ていた

ので嗚咽には少々焦ったのですが・・・ 布団の上でなくてよかった。

 

そんな " ゆず " 、先々週あたりからは、夜も居間のソファーの上で寝ています。

 

yuzu149.jpg

 

「ちょっと寝相が悪すぎひんか? 」

 

「 おきづかいなく。 ・・・よるもあたたかくなりましたから 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3076

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg
  • yuzu148.jpg
  • shoesbox002.jpg
  • shoesbox001.jpg
  • yuzu147.jpg
  • yuzu146.jpg
  • 20170204-04.jpg
  • 20170204-03.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja