間違いの無いように " つとめる " 。

 

 

アップする前には一応ざっくり目を通し、誤字脱字、重複表記などないか確認は

しているのですが、そうやって読み返していてさえ気づかないことも間々あって。

 

後日、なんらかの理由で遡って読む必要に迫られ、ソレらに気付いた際の脱力感

ハンパなく、過去のモノをコソッと直しちゃったりしています。

 

やはり " こう書いている " という " 思い込み " があるので、脳内で勝手に修正、

加筆をしてしまい、" 間違っている " そのことに気付けない。

 

自身の文章で無ければ、気付けるのに・・・

 

という訳で、月初には( すでに月の初めでもありませんけれど・笑 )以前にも

書かせていただいた " 他人の文章を校正する " という、なんとも恐れ多い仕事を

させていただくのですが、その数30本( 文章の数え方は " 本 " でいい? )以上

となればかかる時間も相当で、計画的に進めなければ、せっかく早めに仕上げて

もらった文章も、そこで停滞させることになりかねません。

 

" 伝えたいことを短い文章の中で端的に表現する " 、難しいですよね。

 

それこそ1マスも惜しいので、" ~。」" となる場合の " 。" も削除したい気分。

句読点の使用方法すらあやふやなワタクシに " 校正 " など務まるのか?

 

あっ、この " 務める " と " 努める " も、使い方に迷いが生じるひとつです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3075

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu149.jpg
  • riceboxcar.jpg
  • 2017bike01.jpg
  • yuzu148.jpg
  • shoesbox002.jpg
  • shoesbox001.jpg
  • yuzu147.jpg
  • yuzu146.jpg
  • 20170204-04.jpg
  • 20170204-03.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja