タイトルのないジュークボックス

 

 

自身、滅多に使う表現ではありませんが・・・

「 琴線に触れる 」もうそれだけで美しい日本語ですね。

 

と書きながら、用法についてワタクシの理解が合っているのか不安ですが・・・

 

テレビ電波がデジタルに切り替わる手前だった、時代遅れのカーナビを搭載する

ハイエースのソレは、バッテリーを数日間に渡って外していたその時から、もう

リセットしても何をしてもタッチパネルの調子が悪くなり、そのまま継続使用中。

 

モードによってダメになるようで、チューナー画面は正常に操作できるのですが

ナビ画面はまるでダメ、目的地のセットも何も出来ず、ただ現在位置を映すのみ。

 

で、たまたまHDD2台積みのモデルで、ミュージックサーバー機能があり、当時

「 懐かしいな 」と思いながらレンタルして再生したCDは、何でもかんでも録音

されたままになっているのですが、もちろん、その操作もままならずとはいえど

画面を見ながらの選曲は出来ませんが、運まかせのランダム再生は可能。

 

当時「 懐かしいな 」と思って借りた曲ですから、いまからすれば、20年前とか

30年前、いやもう少し古めの楽曲がいっぱい詰まったミュージックサーバーには

ワタクシがどんな曲を聴いて録音されたのか、それさえ忘れています。

 

移動中にスイッチを入れたラジオ、選局しても、たまたま興味を引く内容がなく

操作不良で放ったらかしのミュージックサーバーモードへ、さながらタイトルが

書かれていないジュークボックスにコインを入れて、真っ白のボタンを押す感じ。

 

録音された時にさえ、聴きもせずのオートマチックで入れたものも多く、なので

このアーティストの曲がミュージックサーバーにあるとは思いもしませんでした。

 

「 あ、このイントロ・・・ 」

 

と、流れてきたのはワタクシ自身、30年以上ぶりに耳にするメロディ、まったく

思い出すこともなかったのに、聴けば昨日のことのように褪せることなく鮮明に

駆け巡る、当時の背景や想い。

 

タイトルのないジュークボックスは、ふわっと5分ほどワタクシの琴線に触れて

そして、次のアップテンポな曲に移って行きました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3023

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu146.jpg
  • 20170204-04.jpg
  • 20170204-03.jpg
  • 20170204-02.jpg
  • 20170204-01.jpg
  • yuzu145.jpg
  • yuzu144.jpg
  • yuki-20170116.jpg
  • yuzu143.jpg
  • yuzu142.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja