屋根について学ぶ

 

 

ゼロから建てた訳ではありませんが、リフォームテレビ番組よろしく、床も壁も

一旦落として、柱の立ちを修正しつつ、10cm 厚でコンクリートを流して足元を

しっかりと固め、筋交いや構造合板で補強を入れてのフルリノベーション。

 

トイレや風呂場の位置など、間取りはもう完全に変更していますし、窓の場所を

変えたところもあります。

 

給排水管はすべて新たに配管し、外壁の電力量計、分電盤間はもちろん、照明や

コンセントに至る配線もすべて引き直すと同時に、情報系の配線を新設。

 

なので建物や設備、電気などに、もしトラブルが発生したとしても、原因特定に

時間を要せず、対策も早いと思うのですが・・・

 

さて、先月の大雪では、降り止んだあとにも、大量の雪が屋根に積もったままの

状態が1週間近く続いたので、屋根の傷みやトラブルがとても気になりました。

 

とくに母屋側の屋根瓦は長年の凍害など繰り返し、寿命も来ていて当然の状態で

近々、ワタクシ自身で葺き替えたいとは思っているのですが、下屋の始末の方法

など、まだまだ事前に学ばねばならない部分も多いところです。

 

瓦の新しい増築側の建物の屋根には、相当大きな天窓を設けたり、薪ストーブの

煙突を通したりしているので、こっちはこっちで雨仕舞が気になるところ。

 

透明のポリカーボネイト板を二重に使用した天窓、それ自体も自作しているので

「 もう一度作り直すなら、こうすれば良かった 」など、改良の余地も思いつき

とくに、外部になる側のポリカ板の固定方法は、いま思えばアマチュア。( 笑 )

 

という訳で、雪が積もったり、しっかりとした雨が降ると、「 大丈夫 」と言い

聞かせつつ、不安が無い訳ではありません。

 

原因と特定と対策は早いハズですが・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/3012

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20170204-04.jpg
  • 20170204-03.jpg
  • 20170204-02.jpg
  • 20170204-01.jpg
  • yuzu145.jpg
  • yuzu144.jpg
  • yuki-20170116.jpg
  • yuzu143.jpg
  • yuzu142.jpg
  • nagatoyumoto01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja