ゆずアンカ

 

 

" 毛布は掛布団の上 " は、すでに広く知られるところとなって、とっくの昔から

そうである彼女をはじめ、多くの方々の賛同を集めているでしょうが、ワタクシ

はじめ少数派は、じかに触れる肌触りを求め " 毛布は掛布団の下 " を死守です。

 

ちなみに飼い猫の " ゆず " も毎日、彼女が畳んでソファーの上に置いて出掛ける

ひざ掛けを、誰もいなくなったらクイクイと引き下ろし、毛布のような肌触りを

楽しんで寝ているようで、帰宅したら必ず、ひざ掛けが乱れています。

 

yuzu142.jpg

( コレは、ひざ掛けを楽しむ " ゆず " をイメージして演出した再現写真 )

 

さて毛布、夜中に何度も寝返りを打つワタクシ、ともすれば毛布の上の掛布団が

朝方にはズリ落ちそうになっていることもあるので、最近は寝る際に、手の届く

範囲の掛布団を毛布ごと巻き込むように丸め、腕の下に置き、肩の周辺に隙間が

生じないようにして寝ています。( それが維持できるのは少しの間だけですが )

 

すると幸いなことに、寒くなれば肩の辺りから毛布の上、掛布団の下に潜り込む

" ゆず " が強固な巻き込みにあきらめて( 肩から入られると、そこに隙間が生じ

スースー寒いわ、ゆずは暑いわ )足元の掛布団の上で寝てくれています。

 

yuzu143.jpg

( コレは、明るい時間になってから撮った、足元で寝る " ゆず " のポジション ) 

 

ただ、肩元の布団を巻き込みはじめると、足元にまわり、ワタクシのスネの上で

クイクイとポジションを固めて寝入る " ゆず " 、「 なんで足の上やねん!」

 

グイッと足を抜くと " ゆず " が、ドシッと落ちて足を伸ばせず折り曲げて・・・

 

まぁ、背中辺りでは「 暑すぎる 」" ゆず " も、足元であればちょうど " アンカ "

代わりになり「 暖かくて便利な 」" ゆず " ですけれど。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2973

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu143.jpg
  • yuzu142.jpg
  • nagatoyumoto01.jpg
  • yuzu141.jpg
  • yuzu140.jpg
  • yuzu139.jpg
  • yuzu138.jpg
  • yuzu137.jpg
  • yuzu136.jpg
  • fx110-03.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja