ゆずの季節

 

 

2階建てに見えなくもない客間側の建物は、天井を抜いて構造上の梁と、それと

交差するように、火棚( 囲炉裏の上の方にある格子状の木組み )を吊るすため

新たに化粧梁2本を段違いで設けることで、より天井を高く見せている平屋。

 

そちら側の建物が増築側で比較的新しく( と言っても古い・笑 )その奥に位置

する、より古い母屋は小屋裏を部屋にした2階建て。

 

その1階をワンルーム構造にして、浴室、洗面、洗濯機、等々すべてを同居させ

まさに居間の文字通り、居ながらにして家事が出来る空間にしています。

 

そこで暮らす、飼い猫 " ゆず " 。

 

厚み、二寸五分の集成材で作った階段を、自由に上ったり下りたりしていますが

2階寝室( その奥には物置兼、衣裳部屋・笑 )には、ワタクシたちが眠るとき

以外は出入りが出来ません。

 

yuzu136.jpg

 

で深夜近くになって、ワタクシたちの目線先のテレビの下辺りや、ソファの上で

寛いでいる " ゆず " は「 そろそろねるじかん? 」と察知して、ヒトの一歩先を

トントントンと階段を上がり、寝室の引き戸の前で " 待ち " の姿勢。

 

扉を開けると、まずは寝室の窓枠に飛び乗って、周囲の点検を怠りません。

 

で、多少涼しく、いやいや肌寒ささえ感じるようになった昨日、今日、窓枠から

" トン " と、ベッドの上に下りてきた " ゆず " は、ワタクシの羽毛掛布団の隅を

ゴソゴソと持ち上げて・・・

 

そんな季節がやってきました。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2888

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu136.jpg
  • fx110-03.jpg
  • 2016kuri01.jpg
  • hilux01.jpg
  • yuzu135.jpg
  • kyu-ri01.jpg
  • yuzu134.jpg
  • yumesaki-ic.jpg
  • keijiban02.jpg
  • keijiban01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja