ありがとう " まるつ食堂 " 。

 

 

朝から、暗くて埃っぽい天井裏での電気工事、救いは木造家屋ではなく、ビルの

廊下の軽天吊りの上なので、あれこれパイプを乗り越えれば、しゃがんで作業が

可能なこと、埃が積もった狭い空間の移動で、作業着は真っ黒です。

 

LED作業灯を頼りに、まずアウトレットボックスにアチコチからやって来る配線、

出て行く配線を確認するために、順次テスターを当てて想像し、確定させて行く

のですが、スイッチに " ホタル " を使っていると電圧が出ちゃうから悩ましい。

 

普通の " 片切りスイッチ " ならば、0V か 100V ですが、ホタルスイッチの場合

OFF でもテスターの針が 50V 程度に振れます。

 

なおかつ、二人作業ならば携帯電話で連絡を取りつつ「 上のSWを切ってみて 」

など、特定に近づきやすいのですが、リスク回避のために、なるべく天井裏から

出たり入ったりの回数を減らしたい一人作業の場合、効率の良い方法で、配線の

特定をして行かねばなりません。

 

それでもなんとか、天井裏で汗を流す作業は午前中で終え、場所を移動して午後

からは、交通量の多い県道端で、ちょこっと草引き。

 

田舎暮らしの草刈りからすれば、手間は " 100万分の1 " 程度ですが、それでも

大きなゴミ袋一杯分を引き、その他モロモロ完了させて、西陽が傾き始める頃に

なって「 よし、まるつ食堂でカキ氷だ! 」と向かえば・・・

 

昨年の9月で営業を終えられていたのですね、暖簾のないドアに貼り紙があって

・・・ 夏の間のワタクシ、年に6回程度しか寄せてもらっていませんでしたが

長年に渡り「 ありがとうございました 」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2795

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu134.jpg
  • yumesaki-ic.jpg
  • keijiban02.jpg
  • keijiban01.jpg
  • yuzu133.jpg
  • yuzu132.jpg
  • topcover02.jpg
  • topcover01.jpg
  • kunshiran01.jpg
  • shiitake01.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja