ソフトウェア会社のまわしもん

 

 

もちろん " MS エクセル " でも、データを蓄積し、計算や分析、目的別に分けて

出力することは可能なのですが、" 表 " という視覚的に分かりやすい " GUI " が

無いので、入門のハードルは高く感じますが、慣れてしまえば、組み立てて行く

上での自由度が遥かに高いのが、ワタクシが好きな " MS アクセス " 。

 

とくに、入力画面作成の際のソレは秀逸で " レイヤー " というグラフィック系の

ソフトウェアで使うような概念も扱えるので便利。

 

ファッション分野では " 重ね着 " のことを " レイヤード " って言うんですよね?

まったくパソコンでのソレと同じ意味で、画像を重ねられて、かつその重ね順を

コントロールできる機能。

 

その機能を使い、たとえば " コの字型 " に建つ、5階建てマンションの各部屋の

データを計測しながら入力する際に、表に縦一列、101 ~ 5xx まで、ズラッと

並んでいるところに打ち込むより、パソコンの画面上にマンション案内板の図の

通りのレイアウトで、1F ~ 5F まで " コの字型 " が並んで、部屋番号が打って

あるところに入力してもらうほうが、間違える可能性が低い。

 

そんなことが可能です。

 

で、その部屋番号に添えて、随時変更の可能性のある現在の入居者名や、先月の

計測データとの比較等を、同時に表示できるのがリレーショナルデータベース。

 

仕事に限らず、趣味のコレクションや栽培データ等にも活用すれば 「 こういう

ことがしたい!」というイメージを具現化できる、なかなか面白いソフトウェア

ですが・・・ 組み立てに時間がかかるのが欠点のような、楽しみなような。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2752

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu132.jpg
  • topcover02.jpg
  • topcover01.jpg
  • kunshiran01.jpg
  • shiitake01.jpg
  • 2016-sakura01.jpg
  • 2016-ume.jpg
  • yuzu131.jpg
  • RA272-01.jpg
  • yuzu130.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja