人知を超える " 人 "( 笑 )

 

 

時間の間隙を見つけ、徐々に進めている " Microsoft Access " を使って♪ 作成

している、オリジナルソフトウェア( に見える・笑 )ですが、およそテーブル

構造が完成し、フォーム上で " 見た目 " と " 使い勝手 " を整える作業中。

 

簡単な例をあげれば「 ア、イ、ウ~ 」と並べたボタンを押すと、利用者データ

から " 姓 " のフリカナが「 ア~ 」で始まる方をクエリで抽出して表示させる。

 

20年ほど昔 " Access 9x " の使い始めの頃、上記と同様のことをした際のポカ、

例えばトータル1,000件あるデータを、フリカナ順で抽出した合計数が995件で

数が合わない・・・

 

そう、「 コ~ 」を抽出しようと思えば、「 ゴ~ 」も含めた " クエリ " を作成

しておかなければ " 人の感覚 " に合致せず、抽出モレが発生するのです。

 

「 ゴロウマル 」さんを検索する際、人は「 コ 」のボタンを押します。

 

なので、ワタクシの姓を抽出する際のクエリ記述は「 Like "ヒ*" Or Like "ビ*"

Or Like "ピ*" 」となり、" ヒ " も " ビ " も " ピ " も含めておかねば、もしもの

「 ピ~ 」で始まる姓の利用者を登録した際、その抽出をし損ねるのです。

 

20年前、" 995 " が " 1,000 " に合うまで悩み、気づいた時の嬉しかったこと!

 

コンピュータに「 ヒ* 」は理解できても( * = アスタリスク・ワイルドカード

「 ヒ 」の後ろに続く文字が何でもOKの記号 )「 ヒ 」と「 ビ 」と「 ピ 」が、

同じ目的( 今回は )を持っているとは理解できないのです。

 

そんな、こんな、人が勝手な都合や、解釈で操作するアレコレの可能性を考えて

作り上げて行くのですが、想像を超えた操作をするのが " 人 " です。( 笑 )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2742

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu132.jpg
  • topcover02.jpg
  • topcover01.jpg
  • kunshiran01.jpg
  • shiitake01.jpg
  • 2016-sakura01.jpg
  • 2016-ume.jpg
  • yuzu131.jpg
  • RA272-01.jpg
  • yuzu130.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja