屋根が張られた

 

 

建築現場へもう少し足を運びたいところですが、現在のところ週に1回、10分程

しか立ち寄ることが出来ていないのが、もったいないです。

 

もっと、どの工事の後に何をすれば手順がいいのか、プロの大工さんは仕上がり

と効率を、どのようなバランスで作業されているのか、施主としての目ではなく

手順を習う者としての目で、しっかり、たっぷり拝見させていただきたい・・・

 

例えば下地をキツキツに張らず、隙間を空けておくほうが良い場合もありますが

その幅も当然、治具を作って揃えなければ気が済まないとか、見えない、効果の

無い場所の造作にも、つい、コンマミリ単位の正確さを求めて、手が遅くなって

しまうワタクシです。

 

さて、月曜日に立ち寄った際に、トントントンと軽やかに足場を上ると、長らく

ルーフィング状態だった屋根が、すでに張られていてビックリ&安心。

 

20150119-01.jpg

 

エレベーター塔屋部、天窓部の施工には細心の注意を払っていただいています。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2357

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • 20150119-01.jpg
  • stove08.jpg
  • tondo2015.jpg
  • yuzu118.jpg
  • 20150112-01.jpg
  • 20141231-01.jpg
  • 20141224-01.jpg
  • yuzu117.jpg
  • 20141218snow01.jpg
  • yuzu116.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja