誕生日的な日

 

 

廃校になった地区の小学校が、町の公民館となって活躍している場所での講演を

聞いた帰りの午後9時過ぎ、集落へと入る峠道に差し掛かると、小さな白い影が

道路を、トタトタトタと横切って側溝へ。

 

「 なに? いまの・・・ ハムスター?? 」

 

道路際にクルマを停めて、真っ暗な溝の中をのぞき込むと遠くから 「 ミィ~ 」

「 ん、ん、ん、ねこやん! 」

 

食べるものは何も持っていませんでしたが、溝に手を差し入れ 「 チッ、チッ 」

と声を掛けると、なにやらオドオドと近づいてくる気配。

 

待つと、ちょこんと鼻先を手に当ててきたので、そのまま手のひらに包み込んで

一緒に 「 ただいまぁ~ 」 と帰宅、すると彼女 「 拾ってきたらアカンやん!」

と、メチャ怒りながら、さっそくヨーグルトの空き容器に、" オカカごはん " と

" ミルク " を用意し、" ゆず " と名付けまして・・・

 

適当なダンボールと、ワタクシのお古の山用下着で " ゆずの家 " まで!

 

ちょうど6年前、夏にこちらへ引っ越ししてきた年の、11月17日のことでしたが

その翌日は、集落一面が真っ白になる冷え込み具合でしたから、あの時あそこで

出会い、手のひらに乗ってこなければ、どうなっていたのでしょう?

 

彼女曰く 「 あんたがサラってきたんちゃうん 」( 笑 )

 

という訳で、誕生日ではないけれど、ウチに来て満6年記念の昨夜は、いやがり

逃げて行くまで存分にいじくり倒して、体重を測ってみれば、スクスク 6.3kg!

 

yuzu114.jpg

 

6年前のその日から1週間後の、この写真の時の体重は 960g でしたが・・・

 

昨日の写真の囲炉裏の間が、まだ畳敷きの部屋だった頃で、" ゆず " の居場所は

DIY の工事に伴って、アッチにコッチに移動し、コレを書いている6年後のいま、

ワタクシの横で長く寝そべってファンヒーターの風を、ひとり占めしています。

( 体重は 6.5 倍! )

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2297

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • toilet04.jpg
  • toilet03.jpg
  • yuzu114.jpg
  • stove07.jpg
  • yuzu113.jpg
  • yuzu112.jpg
  • 20141105-01.jpg
  • 2014kaki.jpg
  • IMGP0011.JPG
  • yuzu111.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja