個人温泉

 

 

その後、順調に動作している井戸ポンプ、なるべく長期間ノントラブルであって

欲しいところですが、そうも行かない理由もあって。

 

そう 「わざわざ、ここの水を汲みに来る方もいてね」 と聞くとおり、含有する

成分が濃厚なんですね。

 

この井戸水は、ウチの東にある山の伏流水だと思うのですが、地表に見える水の

流れ跡も赤茶色であるように、相当量の鉄分を含んでいるようなのです。

 

なので、井戸ポンプの中にも赤茶色の鉄分が蓄積し、細い配管内はその半分程が

濃厚な成分によってふさがって、機械にはよろしくない状態。

 

蛇口を開けた段階では透明に見える井戸水ですが、しばらく放置すれば、たぶん

酸化して赤茶色に変色するのでしょう、実験してみなければなりません。

 

ん? すると沸かせば有馬温泉??

というか、このままでも 「○○鉱泉」 と名乗れるのではないでしょうか???

 

ユニットバスが茶色く変色するのは困るので、宅内実験は出来ませんが、小さな

湯あみ小屋を建てて、自作のヒノキ浴槽 (漏るかも) を据え、ボイラーを通し、

暖めた井戸水を張れば・・・ 個人温泉!?

 

最近、温泉に出掛けられていないからか、エライことに気づいてしまいました。

 

井戸ポンプ以上に、ボイラーもすぐ傷むだろうなぁ~

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/2129

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja