ラリー開催記

 

 

通称 「パリダカ」、2014ダカールラリー (と言ってもスタートはアルゼンチン) が

日本ではほぼ報道されずにスタートしたのですが・・・ モータースポーツのファンと

しては、パジェロやプジョーなどが活躍し、深夜枠とはいえ2週間に渡るレースを毎夜

地上波でレポートしてくれていた時代が懐かしいです。

 

ワタクシ的には、深夜の最新レポート放送の録画を、朝にチェックする2週間が始まり

ましたが、過去のテーマソングも頭の中から離れません。 (浜田麻里や松田樹利亜ね)

 

いやホント、闘うクルマやオートバイ、そしてトラックはカッコイイ!

 

じつはワタクシ、プライベートな仲間内の大会だったとはいえ、最大の年で60余名の

参加者を集め、"コマ地図" を用いたラリー大会を、合計10回開催したことがあります。

 

もちろん、区間タイムを計測する速度的な競技性を持ったものではなく、安全運転で

10ヶ所ほどの指定場所を巡って目的地に到達し、チェックポイント地点での設問等で

順位を決定する、という大会でしたが、コマ地図頼りの総走行距離が300km前後程は

ありましたから、朝は暗いうちからスタートをしなければならない程のボリュームが

ありました。

 

マラソン大会の "〇〇時間でタイムオーバー" 的な、時間のリミットは設けていたので

各チェックポイントで、別地図の封を切れば真っ直ぐゴールに向かえる仕掛けを始め、

取材、コマ地図作成、保険など下準備はオオゴトだったのですが、参加者みなさんの

協力もあって毎年、夏の終わりに楽しい大会、時間を過ごさせていただきました。

 

ゲストを招いてのオフロードバイクレース2大会の開催も含め、いやはや周囲の方々を

巻き込んで、好きなことをさせていただきました。 「ありがとうございます」

 

思い返すと自身、感心するほど (笑)、そのワクワクとドキドキ、興味津々パワーを

いまに活かさねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1994

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja