思い出の詰まった箱

 

 

まだまだ草を刈らねばならない場所はいっぱいあるのですが、朝から降り始めた雨に

外作業はあきらめるしかありません。 (先送りなだけですが、ホッとしてみたり)

 

しかし、そうなると彼女に指示されて、部屋の掃除や、ゆず小屋の手入れなど・・・

 

ゴハン皿や水皿洗って、トイレも砂 (木チップ) を一旦出しておいてから、全体を

丁寧に洗ってキレイにしてやります。

 

まぁ、すると、いきなりやって来て 「ここはボクのトイレやで」 と言わんばかりに

さっそく臭いを付けて行かれますけど。

 

一応、苦手な方の来客時用に、と備えていながら常時、開け放している小屋の中も

床を外して掃除機を掛けてやるのですが・・・ 「コレ、そろそろ捨てていい?」

 

5年前に峠で拾ってきた際、たまたま厨房に転がっていたダンボールに、ワタクシの

山用下着を敷いて作ってやった寝床が、そのまま今もなお、幼い頃の歯形いっぱいの

くたびれた状態で・・・

 

すでに現在の "ゆず" には小さすぎて収まりもしないのですが、何かを思い出すのか

たまに、あふれるようにして、その中で過ごしています。

 

yuzu90.jpg

 

「ん?」

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1939

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja