二度と戻らない時 (かな?)

 

 

導入当初、感動を呼んだカラーレーザープリンタですが、すでにトナーも数セット目で

プリント数も5,000枚を超えてくると、なんか鮮明さが無くなってきています。

 

丁寧に扱っているつもりでも本体のそこここにトナーの粉が落ちていて、ちょっとした

不注意で紙を汚してしまいそうなのもコワイし。 (実際に汚した ・ 笑)

 

ドラム寿命の交換時に、トナーユニットやら全部外して、エアーガンで本体をキレイに

掃除してから組み込めば、見た目には元に戻るかも知れませんが・・・

 

印刷結果に新品時の鮮やかさを取り戻すのはムリ???

 

仕掛けも少々理解してきて (アヤシゲですが)、毎回ベタ塗り分のトナー粉を吐き出し

プリントに使われなかった分は回収されて終わって行く、やはり使用量ではなく回転数

でトナーユニットの寿命は来るようで、だからと言ってデザインを変更する訳ではない

のですが、不必要な回転はさせない方がコスト的にはベター。

 

でも、ギアにしてもベルトにしてもチビてくると紙の位置決めも微妙にズレてくるので

シャキッと感は戻らないかな。 (コレに関しては新品時は結構ズレていて、500枚ほど

刷ったあたりからピシッと決まりだして、5,000枚で尽きたか・・・)

 

叶うなら普通使い用と、ちょっとコダワリたい用の2台を用意しておきたいところです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1732

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja