ヒザ壁 (室内編)

 

 

いよいよ木工事としては最後の部分になる、外部に擬石を積んだその室内側の

ヒザ壁の造作、コンクリートとガラスが下地ですから工夫が要ります。

 

例えば普通、下地を作って壁材を張るのですが、ワタクシ流テクニックとして

それが難しいコーナー部とかで、先に構造合板側に下地を固定してから立てる、

みたいなことをするのですが、ヒザ壁もその方法で。

 

ここの床はモルタル仕上げでも大丈夫なように、厚板の巾木を用いているので、

刻んだ下地支柱に先に上端水平ラインを墨入れしておき、巾木に固定してから

立て、ガラスとの間にコーキングを塗った詰め木をして、x、y、両方向からの

垂直をしっかりと出してやります。

 

ガラスに平行な巾木の端は45度でつなぐので、その中線の22.5度で斜め切断。

最後の木工事ですからスキッと仕上げたいヒザ壁です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1643

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja