ヒザ壁 (と呼ぶの?)

 

 

足元までが透明なガラスの上に、どう施工するかが問題のカルチャードストーン、

床用の断熱材を使ってアルミサッシ部分と高さを合わせ、トップには笠木を固定

するビスが利くように24mm厚合板の端材を使って下地を作ります。

 

その上から専用ボンドたっぷりで貼り付けて行くのですが、通路にレベルが出て

いないので最初の一段目は、詰めたり引いたり時間がかかる!

 

二段目、三段目と貼り進めて行くうちにズレが生じないよう、慎重に五段目まで。

 

さて、貼り付けた隙間を隠すための左右の見切りと、トップをカバーする笠木が

要るのですが、サッシ自体に直線が出ていないのと、ガラス掃除の際の水切りも

兼ねなくてはいけませんから、10度の勾配を設けて取り付けます。

 

下地合板の木口と、墨入れにはちょっとした工夫が必要ですが得意とするところ。

 

clstone02.jpg

 

現在、室内側から見れば仕掛けが丸見えですが、高さを合わせて腰壁? ヒザ壁を

作ります。 (その造作がまた難しそうですが・・・) サッシへの着色もせねば。

 

また、考えたくはありませんが、万が一、厚いフィックスガラスが割れた際には

少々の構造変更で、そこから上だけのガラスを入れ替えることが可能なように。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1638

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • hazai01.jpg
  • yuzu125.jpg
  • yuzu124.jpg
  • miyamoto-park01.jpg
  • rissuisen01.jpg
  • yuzu123.jpg
  • green-curtain01.jpg
  • kusatsuge01.jpg
  • yuzu122.jpg
  • kyoumiyama.jpg

月別 アーカイブ

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja