ドレンアップ

 

 

工事の都合上、室内機は夏の終わりに据えていたのですが、そこまでだったので

本日、室外機の設置と、ドレンパイプの接続、化粧パネル取り付け、試運転まで。

 

家庭の壁掛けエアコンの場合、結露水は冷媒ガス配管とともに室外に引き出され

自然落下でベランダの隅の排水口とかに流れ込んでいるのですが、天井カセット

型の場合、室内機の下のほうで受ける結露水を勾配で流すことが出来ません。

 

なので内蔵のポンプで一旦ドレンアップしてやり、そこから天井裏で勾配を取り

排水口へと導いてやる必要があります。

 

たまに見かけるのが、その排水を適当過ぎる場所で放流し、エアコン使用中常に

周辺が濡れている様子、長期的にはよろしくありません。

 

配慮して結露防止の断熱材を巻いたVP25の塩ビパイプは天井裏を通り、給湯室

の厚みのある壁内を下り、シンクの排水トラップの一次側に流し込んでいます。

 

でも・・・

 

暖房運転時には室外機が結露して、その下が濡れるのですが、その排水を導く

ところが無い。 なにか対策を考えねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1634

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja