死生観検討会

 

 

医師、看護師、施設側の看護師、ワタクシ、4名でのインフォームド・コンセント

というか、ケアカンファレンスというか (コレの正式名称はなんだ?) 要するに

入居中の持病のある高齢者 (母) が、それを起因とする劇的な症状に至った場合、

家族としてはどこまでの治療を望むのか、の確認検討会。

 

単純にその症状だけなら判断しやすいですが、現実には何かと併発することが多い

でしょうし、徐々に進行ならどこに線を引くかも難しいですし。

 

ワタクシの死生観をあてはめていいものかどうかも・・・

 

ちょっとドライでクール、割り切り型のワタクシでさえ、主治医から色々な説明や

症例を聞き、考えをすり合わすのに約1時間。 丁寧にありがとうございます。

 

専門用語がいっぱい出てくるので、その度に聞き返しました。 (笑)

 

その本人不在の4者会議を、離れたところから色々な目線で客観的に眺めている自分

がいて・・・ 勉強になります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1606

コメント(2)

覚悟を決めることもできますが、私は頭が真っ白に成りました。

歳とともに「慣れる」のは哀しい。
いや、自然か・・・

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja