雨水処理は余裕をもって

 

 

ドシャ降りの時間には地元の図書館、駐車場のクルマに戻るのさえ、ビショ濡れに

なりそうなので、あきらめの待機モードで腰を下ろして読書、図書館でよかった。

 

大きな窓越しに、中庭の芝生を濡らす大粒の雨を眺めつつ、パソコンで文章を書く

際の留意点など調べさせてもらっていると、少々小降りに。

 

今がチャンス! と、図書館のスペースから大きな施設の内部に出てビックリ!

 

まだ築10年ほどのオシャレでデザイナーズな建物が、そこら中で雨漏りまみれの

水吸いタオルだらけで、超オオゴト中。

 

う~ん、無理のある設計だったのか、施工のせいか、メンテナンス不足か・・・

 

展示ブースあたりの床にも大きな水たまりが出来ていて、貴重な資料を安心して

保管し、見てもらえる状況じゃないなぁ。

 

伝い、伝って、天井にシミを作る雨漏りの場合、問題の場所を発見するのは中々

難しいのですが、いま見上げたその場所からビシャビシャ漏っているのですから

原因も明快なように思うのですが・・・ よ、予算かな。

 

駐車場に戻ると、まさかとは思ったけれど高い側のスペースに停めておいて正解。

低い場所に停めてあるクルマは、ホイールの1/3ほど水没してる!

 

ここ最近は、ゲリラ的な降り方をする雨が多くなってしまったので、谷筋のある

屋根の場合、雨どいの排水能力を超える場合もあるでしょうし、水路もなるべく

溢れないように、余裕のある雨水処理対策を施しておかねばなりません。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1459

コメント(2)

確かにゲリラ的集中豪雨多いですが、モダンな図書館が雨漏りとは意外ですね!?


当時、流行の「デザイン優先」の結果のような。


どういう契約かは知りませんが、直す気配もなく
職員があきらめているのも、なんだかなぁ・・・

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja