放流魚は下ってから支流を上るか?

 

 

井戸水を汲み上げて野菜を洗った水は家の前の溝を流れ、数十mで敷地に接する

小川に流れ込み、3キロほど下流で中サイズの川に合流し、その川がまた数キロ

下流で大きな市川と一緒になって、流れ流れて瀬戸内海へ。

 

知らなんだ、その中サイズの川に毎年、アマゴやウナギを放流していたなんて。

 

先日、草刈りの際に落ちた小川も放流河川の支流で、たった3キロほど上るだけ

なので、もしかしたらワタクシの落川に驚いて、アマゴやウナギが逃げた???

 

でもって広報誌に入っていたチラシを見ると、毎年2,000匹程度を放流していて

なおかつ! 町内在住の個人は今年から遊漁料が無料に。 (町外の方500円/1日)

 

もう10年近く釣りはしていませんが、こりゃウナギかごを仕掛け、敷地の隅に

腰かけて糸を垂らし、アマゴに会わねばなりません。 (笑)

 

炭をいこしておいて、そのまま蒲焼きに、串焼きに。 ウヘヘヘヘ・・・

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1444

コメント(2)

最近になって気がついたんですが、
うちの近所の川で夕方になるとたくさん釣竿
を立ててあたりを待っている人を見かけて
何釣ってるのかなと思っていました。調べたらウナギ釣り
らしいです。この時期は河口の汽水域~淡水域で
釣れるんですね。ホッパーマスターさんとこの
うなぎ、ウチの近所にいますよ。

「スーパーのパック入りのでいいから返して」 (笑)

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja