中から外につながる三和土

 

 

表面仕上げが要らない手順にしたので、生コンはミキサー車を依頼して

一度に全部を打設しましたが、完成形となるモルタル工事は施工現場を

4分割にして1区画ずつ進めています。

 

目地を入れずに済むのならそうしたいところですが、ヒビ割れ逃がしと

一日で工事可能な面積の都合上、目地で区切って一日1区画です。

 

玄関前のクルマも通過する土間の伊勢砂利洗い出しの2区画が完了して、

(初体験者が区画を分けて工事するので前半に比べ、後半側がキレイ)

引き戸前の踏みしろから犬走りに至る場所の工事開始。

 

ここはホワイトセメントと色粉を使って、三和土 (たたき) のような

風合いに仕上げた (つもりの) 玄関内土間と同じ仕様にします。

 

実際には区切られていますが、家の内側の土間と、外がつながっている

イメージ。

 

ホワイトセメント20kgに対して、砂40kg、黄粉1.8kg、紅粉0.5kg、の

配合比率は記していたのですが、およそ1年前の工事と同じ仕上がりに

出来るかなぁ・・・ ちょっと不安。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1373

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja