見えなくなる細工

 

 

入手していたのは使用済みの枕木ですから、相当に表面がボロボロで

とても味わいがあり、気に入っているのですが、使うのは難しいです。

 

その分、もう動かない (曲がらない) だろうことは安心なのですが、

木口を舐めるようにノミで削って、隣の枕木とのつながりをスムーズ

にする、などの工夫が必要です。

 

チェーンソーで切断、ノミで削って分かったのですが、たいしたもの

なのは、見た目ボロボロの枕木でも中はしっかりしているいこと。

 

これで、いったい何年モノなのでしょう。

 

さて、内側に防湿シート、ワイヤーメッシュを敷いた合計10本の枕木

ですが、もう一つ、念のための細工を。

 

内側の側面にドリルで穴を開け、コーチボルト (六角アタマの極太な

建築用ビス) を、枕木1本あたり3ヶ所、2/3ほどをグイグイねじ込み、

ワイヤーメッシュとつなぎ、開かないようにしておきます。

 

とくにクルマが通過する下になる枕木と、出隅になる場所では鉄筋も

使って、火打ち金具状にガチガチに。

 

さぁ、立米数を計算して、いよいよ生コン打設です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1363

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja