たった一畳の天井下地

 

 

プロの方に依頼したならば、同一の作業はまとめて同時に施行することに

なるのですが、(漆喰を塗るならば、すべての部屋の左官工事を一気に)

そこで生活しながらの改築、改装。 自分自身での施工ですから、ひと部屋

ずつを、しっかり完成させて行くことを目標に、時間と手間と、ジョイント部の

問題をクリアしながら進めています。

 

なので、同様の作業は過去にもしたことがあるのに、それは半年以上前の

ことだったりして、すっかり忘れています。 (笑)

 

現在施行中の玄関土間に接する一畳スペース、天井はその向こうに屋根が

あることを連想させるように斜めに張ろうと思います。

 

さて、どうやって天井下地を張りましょう?

 

もっと広い、もっと複雑な天井下地を、すでに何度も施工しているのに・・・

現場を眺め、う〜んと唸ったまま、ちゃっ、ちゃっ、と手が動きません。

 

このように下地を流すと、あとでこう壁が来るから、工事が難しいゾォ。 とか

小屋に行って手持ちの材料を測って、あぁ、ちょっと足りんやん! 等々。

 

たった一畳ほどなのですが、訪れてくれた方の目に必ず入る場所ですから

悩んでしまいます。 あっ、またまたの照明器具も!

 

 

Copyright (C) 2000〜 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1245

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja