どちらが勝つのか?

 

 

木と木が重なる部分では、「どちらを勝たすのか」 を考えねばなりません。

 

例えば天井の廻り縁や巾木の場合、出隅 (出っ張った角) は、留め切り

(互いの中線での切り合わせ、45度ずつの場合が多い) をするのですが、

入隅は必ずしも留め切りが綺麗とは言えません。 (ワタクシ感)

 

人の目線の向きを考え、同じ方向からしか見えないのであれば、正面の

木を先に据え、そこに普通の切り口で突き合せたほうが、切断面が目に

入らず綺麗な仕上がりになります。

 

正面の木に対して 「勝っている」 状態です。

(トイレのタンク裏になる巾木などを想像してもらうとイメージが分かる?)

 

さて、そんな大そうなモノではありませんが欄間状の垂れ壁の造作です。

 

ranma01.jpg

 

縦桟を挟み込む上下の木の刻みが完了したのですが、左側のほうの

ホゾ穴が右に比べ、少し小さめです。

 

垂れ壁ですので目線は斜め下からになります。 なので縦桟の上側は

小さめに刻んで上端になる木、写真左側の木に対して 「勝つ」 ように

して接合部をスッキリ見せる工夫です。

 

技術のある方に見られると笑われますが、DIYER の備忘録代わりに。

 

 

Copyright (C) 2000〜 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1241

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja