切り合わせ

 

 

そのカバーが要ることは、化粧の梁を取り付ける前から分かっていたので

とりあえず杉板の片側を梁材にあてがい、ツツツーと鉛筆でケガキ写した

かなり歪んだ線で刻んでおきました。

 

梁の取り付け後に、その杉板をLの形に削り込んで合わせてみたのですが

ピタっと感がイマイチ気に入りません。

 

切り合わせをやり直します。

 

梁はすでに頭上にありますし元々、立体方向でも歪んだ材に直接、板材を

当ててヒカリ写した、その方法がワタクシ的には間違っていました。

 

なので、梁を取り付けた鴨居と、杉板の両方に10cmおきに印をつけておき、

それぞれを0.5mm単位で測った、その寸法を写してゆきます。

 

その点と点を結ぶと・・・ ずいぶんと歪んだカクカクした直線が引けました。

線に沿って丸ノコで挽きます。

 

合わせてみると・・・ おぉ、正確にピッタリ!

一分の、いや半分の隙もありません。

 

染まり具合が微妙に違うとはいえ、梁とも自然な形で繋がっているようです。

一見、単純に見える場所ですが、いい仕事が出来ました。 (自己満足 ・ 笑)

 

 

Copyright (C) 2000〜 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1225

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja