玄関敷台の杉板張り

 

 

根太張りを済ませている玄関敷台に、本実 (ほんざね・凸凹) 加工を完了

させた杉板を、コの字型に張って行きます。

 

板は短く使う張り方をするので、コの角々で2ヶ所、45度に切断して方向を

90度曲げてやらねばなりません。 (何を説明しているのか意味不明 ・笑)

 

shikidai01.jpg

 

写真で分かるでしょうか・・・

この部分の実加工と、必ずしも45度ではないのが悩ましいところなのです。

 

あぁ反省・・・ 写真を見ながら今思うと、ここは板目ではなく、柾目の杉板を

選べば、木目もほぼ合わせられたのに・・・

 

木口側に凸の実加工がしてあるのは、断面が見えてしまうので、あとから

そこに、化粧の框 (と呼ぶの?) を取り付けられるようにしています。

 

思惑通りに完成するかなぁ・・・

 

この上でゴロゴロしたら涼しくて気持ちよさそうです。

 

 

Copyright (C) 2000〜 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1127

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja