夏の日の記憶

 

 

一番近い記憶で4、5年前の川遊びか・・・ もうずいぶん長いこと泳いでいない。

 

年齢を重ねると、マリンスポーツとか、スイミングとか、その方面にかかわって

いないと、まず水着を着ることはなくなるみたい。

 

その姿の自分自身を客観的に見るのがコワイしね。 (笑)

 

川は冷たくて浸かるまでに勇気いるわ。 滝つぼに飛び込んだり、どこまでも

透明な流れの中でオオサンショウウオ見つけたり。

 

浅瀬に組み立てテーブル置いて、足を川に浸けたまま汚れることを気にせず

食べたスイカが美味しかった。

 

海は泳ぐというより冒険心くすぐる。 無人の浜に上陸したら、まず探検せねば。

瀬戸内はボート遊びも楽しそうだし、日本海でのスノーケリングは海底までが

見通せて、まるで空を泳いでいるみたい。

 

26年前の丹後半島の浜でのキャンプ、その頃は流星群なんて知識に乏しくて、

なにも知らず見上げる空に、まだ明るさの残る夕暮れ時から溢れるほど流れる

星、星、星。

 

あまりに多い流れ星が怖かった夏の日の記憶は、1985年8月12日の夕暮れ。

 

 

Copyright (C) 2000〜 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1113

コメント(3)

上をむ〜いて あ〜るこうぉぅ 涙が こぼれ ない よ〜に....

あの日の翌日から始まった停電。仕事帰り、かろうじて電気がともっているのは駅だけで、家路までの20分間、全てが暗闇の中星だけが見えた。田舎では慣れっこだった暗闇とあの頃見てた星とは、あまりにもかけ離れた、「恐怖」しかなかった静寂と星達。一生忘れられないな・・。

星に祈りを。

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja