冠婚葬祭

 

 

小さな集落ですが、その中でもおよそ半分の区切りがあり、冠婚葬祭の手伝いは

(現代では主に 「葬」 でしょうけど) その単位でします。

 

例えば比較的新しい住宅地だと、そこの住民の平均年齢は相当若いのでしょうが

田舎は3世帯、4世帯同居が普通ですからおのず、ご高齢の方も多く100歳が近い

ような年齢の方もチラホラ。

 

畑仕事にゲートボール、みなさんお元気に過ごしておられますが、残念なことも。

 

こちらに住み始めて約3年、4度目のそれは私たちが属している半分側でしたから、

お手伝いさせていただきます。

 

貴重な経験、勉強をさせていただいていますし、根本的に人口が少ないのですから

相互扶助は必要なのですが、かかる時間の長さは・・・

 

このあたりも現役世代と子供、のようなスタイルで新たに田舎暮らしを始めたならば

直面する出来事でしょうか。

 

そこで代々脈々と暮らしてこられ、築かれた歴史と蓄積があるのですから、それらを

尊重させていただく気持ちと、ある程度の割り切りが必要かもしれません。

 

あなたが誠実でさえあれば、田舎暮らしのスタートをためらう必要はありませんが、

都会の常識とは違う常識を受け入れる懐も要るでしょう。

 

 

Copyright (C) 2000〜 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/1104

コメント(2)

某地域の集落では(嫁は皆の嫁)という所もあるようで…。

・・・オソロシヤ。

いや、ご近所の奥さん若くてベッピンさんやし。

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja