塗装は難しい

 

 

造作工事が、ほぼ完了した二期工事、残すは塗装工事と

クロス仕上げになりました。

 

で、その塗装。

 

今回は木部への着色ですから、俗に言うペンキは使いません。

ステイン系 (染み込ませるタイプ) の塗料を使うのですが、

仕上がりの色合いは、木材の種類や質に左右されますので、

どんな色になるかは 「塗ってみなけりゃわからない」

 

おまけに、濃い色を! と考えているのですが、買いに行くと

「パリサンダー」 なんて色があったりして。

 

いったい何色のこと???

 

・・・高いし

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hopper.jp/mt/mt-tb.cgi/406

コメント(4)

「パリサンダー」
紫檀でしたっけ?

クリアーを一回入れておけば
色むらが少なくなると思いますよ。
ステインは刷毛に余り含ませずに先だけを使う感じで
大胆にザット行く方が上手く行くような気がします。
あくまでキシラとAUROを塗った感じですので
保証は・・・・

オスモにバトンにワトコ。
& 外部にキシラと今回、塗装DIYの王道ブランドを
色々と使ってみています。

それぞれ一長一短、共通なのはどれも高い! (笑)


> クリアーを一回入れておけば


って、どういう意味?
カラー塗って、クリア塗って、カラーを塗る、ってこと?

不透明系の塗料で使うテクニック???

確かに全て高いっす!!
何であんなに高いんでしょうね

下地処理後クリアを塗る事によって
木材への吸い込みが比較的均一になるので
有色塗料を塗った時に色むらが少なくなります。
特にマツ・スギなどの柔らかい材料には有効なようです。

そうそう
やっぱり良い刷毛を使うと
仕上がりも綺麗ですし、効率もあがります
高いけど、それなりの価値はやっぱりあります。
1寸か2寸の刷毛で良ければ
お試ししてみます?

そっか、当然いい道具はいい仕事! ですね。

幅広の刷毛はコワくて、なかなか使えませんね。
どうしても小さ目を選んでチマチマ塗ってしまいます。

コメントする

筆者にメール

ホッパーマスター
のホームページ

最近のコメント

アイテム

  • yuzu110.jpg
  • yuzu109.jpg
  • yuzu108.jpg
  • 2014marron03.jpg
  • 2014marron02.jpg
  • 2014marron01.jpg
  • 2014marutsu.jpg
  • monorail01.jpg
  • yuzu107.jpg
  • chobi01.jpg

もっと過去分

Powered by Movable Type 5.13-ja